介護支援 つぐみ

























ご挨拶


当事業所は皆様の温かいご支援のおかげで、令和4年4月1日で10年目を迎える事ができました。
住み慣れた地・ご自宅で安心した在宅療養が行えるように
ご利用者様宅を訪問し寄り添った看護・リハビリが提供できるように活動しています。
つぐみの名は渡り鳥のつぐみより命名しております。
つぐみの鳥は色々な種類がおり、多くはシベリアから日本各地に冬鳥として渡ってきます。
日本で生活する時は、泣かずに口をつぐんでいることからとつぐみと呼ばれているそうです。
地味な鳥ですが、日本各地で可愛い姿を見せ人々に寄り添い癒してくれています。
私たちも渡り鳥のつぐみの様に、利用者様を分け隔てする事無く、利用者様本位という事を心掛け、寄り添った看護・リハビリをして行きたいと思っています。
リハビリでは利用者様がより元気に在宅で生活できるために、リハビリ内容を検討し、日常生活の向上・維持を常に念頭に置き対応させていただきます。■


今後も今迄以上に、地域の皆様のニーズに沿った看護を行うと共に、ご利用者様に対し思いやりのある対応と、笑顔を忘れずに頑張っています。

小児・ターミナルなどのご利用者様もお受けしております。

何卒、宜しくお願い致します。



    訪問看護ステーション つぐみ 代表取締役:下野


介護支援 つぐみも併設しています。
介護でお困りの方はお声掛けください。
ブログもありますの確認ください。